top of page

初めてブログに挑戦します!

これから波動エネルギーに関する、その時の様々な情報や私見を伝えていこうと思います。私は波動とかエネルギーとか気とか見えないし、ほとんど感じない(今は多少わかる程度)ので、そのような事の出来る人達の事を最初は羨ましいと感じつつも不信の目で見ていました。実際に身近にもそんな人がいて私についているあまり宜しくない霊などを払ってくれたりしたことも昔はありました。でも信じていない人間にとってはあまりご利益がなかったようです。その後波動を診る手段を色々と学ぶうちに、霊もエネルギー体なんだということが頭で理解できるようになり、そういう意識を持つと何となく霊も感じれる気がするから不思議です。自分で証明はできませんが、要は意識の持ち方なのだと思います。意識も波動ですから自分がある意識を持つと(良くも悪くも)その波動エネルギーが周囲に影響を及ぼすことはあり得ることです。自分にマイナスのエネルギー体が存在するところでは具合が悪くなるということはままあることです。そのエネルギー体が地縛霊や憑依霊など世間一般にはオカルト的なものであっても、電磁場ストレスやジオパシックストレスの強い場所であっても、はたまたストレスや病気を抱えた人間であっても理屈は同じです。

皆さんは病院やクリニックを受診した時にお医者さんや看護婦さんに会って話をしただけで具合が良くなったり、逆に悪くなったりしたことはないでしょうか?実は波動エネルギーを診るとこれもあり得る話です。医師が自分の専門の病気にかかりやすい、という現象はしばしばみられるのですが、そんなバカげたことがあり得るはずかないと西洋医学の場では否定されます。しかし病気も一定の周波数をもった波動エネルギーであり、共鳴することによって周りにも伝わることは波動医学(振動医学)の立場からは合点がいきます。つまり医療従事者の体調は患者さんの健康に影響し得るということです。

病院受診と言えば、言葉も波動エネルギーを持っていますので重要です。現代の医療現場では診断の見落とし、治療ミスなどに医療従事者が敏感で、訴訟リスクを下げるために患者さんには「最悪の事態」を最初に伝えることが多いです。悪い話は大抵悪いエネルギーを持っているので患者さんは伝えられただけで具合が悪くなります。従って病院受診の際は元気で明るく、自分にとって心地よい話をしてくれそうな先生にかかることも健康のために重要です。

閲覧数:185回1件のコメント

最新記事

すべて表示

古くて新しいウィルス?

世間では新型コロナウィルス感染症が感染症法上5類の位置づけに下げられたことをきっかけに少々関心が薄れている傾向にあるのではと思います。もちろんもはやそれほど怖い感染症でないのは明らかですし、外を歩いていてもマスクを外す人が多少出てきたのは喜ばしいことなのですが、今でもなおいわゆる「コロナ後遺症」や「ワクチン後遺症」に悩む人はで続けています。また、コロナやワクチンとは関係なく、病院に行っても原因も解

新しいステージ?

ブログの更新を怠っていた言い訳にしかなりませんが、この数か月本当に目まぐるしく変化する身の回りに唖然としていました。健康を扱う仕事を生業にしている立場上、医学的な事を中心に関心を持っておりますが、それにしてもこの世(ひょっとしてあの世も?)全体の仕組みにまで思いをはせないとわからないことが多くなってきました。 この3年間はどうしても新型コロナウィルス感染症とそのワクチンについての話題がどこでも中心

新型コロナのワクチンについて

新型コロナワクチンの4回目の接種が我が国でも開始されました。リスクの高い人や医療従事者から始まるそうで、私の勤務先でも多くの職員が接種しています。 このワクチンは実用まで実に短期間で開発され、当初はもてはやされたものでした。7,8割の人が接種すれば集団免疫ができて新型コロナウィルス感染症は克服できる、と専門家が事あるごとにメディアなどで唱え、接種を奨励されたのを皆さんは覚えているでしょうか?ワクチ

bottom of page