top of page

波動水って?

 人間の体の60~70%は水分ですからその状態は健康に大きく関わります。先進諸国では衛生状態は良好で飲用水も清潔であるとはされていますが、波動的にみると重金属や化学物質、病原体などが微量であっても存在するため、それが人間の健康に影響している場合もあります。従ってどんな水を日ごろ飲用するかは大切な問題だと考えています。

 一方で水には情報を蓄える能力に優れていることが知られています。江本勝博士の水の実験はあまりに有名なのでご存じの方も多いと思います。水に向かって「あなたは不細工だ。気分が悪くなる」と話しかけた場合と、「愛しているよ。君はきれいだ。」と話しかけた場合では、その後にできる結晶の形が全く違ってくるというわけです。言葉がけが情報を伝えると当時に水がその情報を敏感に受け取るという事が証明され、その後水の研究が進みました。

 江本博士は現代の方ですが、それより遥か以前の18世紀終わりから19世紀初めにかけてドイツの医師ハーネマンがある薬物(ベラドンナ)を水の入った瓶に一滴たらし激しく降りました。そしてそれをさらにどんどん薄めていって理論上薬物の粒子が一つも入っていない状態のものが、ベラドンナの薬効を持つことを証明しました。有名なホメオパシー療法の始まりですが、これも水にある一定の波動情報を与えることによって波動水として病気の治療効果を発揮している例だと考えられます。

 波動医学が進んだ現代では、ある一定の波動(周波数)を水に転写して波動水を作ることは様々な波動機器で行われています。また水素やケイ素など身体に良いとされている物質を水に加えることによって、良い波動を与えたり波動エネルギーを高めたりする試みも数多くされています。

 問題はこれらの波動水が「どう良いのか」です。ホメオパシーではそれぞれのレメディーの効能がある程度確立していますが、おそらくそれは経験的に得られた情報の部分が大きいと考えられます。波動医学が進んだ今日では、それを調べることが出来ます。例えばこのHPでお勧め商品として紹介されている「ミラパシール」や「ポインターセブン」で作った波動水、EXA Rainbow0 (スピーカー)のエクサ波を照射して作成した波動水、あるいは「ルルドナオージャス」はいずれも新型コロナウィルスの波動エネルギーを消去する事がわかっています。「波動エネルギーを消去」することがどんな意味があるかは慎重に考えないといけないですが、これらの水を毎日飲用することによって感染発症の予防になることは期待できます。なおこれらの波動水はコロナ予防以外にどんな効能が波動的にあるかも既にある程度わかっていて波動水による違いも判明しています。従ってどんな波動水を飲用したら健康に役立つかは個人個人で違いますので、波動診断(対面でも遠隔でも)を行うことによって適切なものを提案しています。

閲覧数:233回0件のコメント

最新記事

すべて表示

古くて新しいウィルス?

世間では新型コロナウィルス感染症が感染症法上5類の位置づけに下げられたことをきっかけに少々関心が薄れている傾向にあるのではと思います。もちろんもはやそれほど怖い感染症でないのは明らかですし、外を歩いていてもマスクを外す人が多少出てきたのは喜ばしいことなのですが、今でもなおいわゆる「コロナ後遺症」や「ワクチン後遺症」に悩む人はで続けています。また、コロナやワクチンとは関係なく、病院に行っても原因も解

新しいステージ?

ブログの更新を怠っていた言い訳にしかなりませんが、この数か月本当に目まぐるしく変化する身の回りに唖然としていました。健康を扱う仕事を生業にしている立場上、医学的な事を中心に関心を持っておりますが、それにしてもこの世(ひょっとしてあの世も?)全体の仕組みにまで思いをはせないとわからないことが多くなってきました。 この3年間はどうしても新型コロナウィルス感染症とそのワクチンについての話題がどこでも中心

新型コロナのワクチンについて

新型コロナワクチンの4回目の接種が我が国でも開始されました。リスクの高い人や医療従事者から始まるそうで、私の勤務先でも多くの職員が接種しています。 このワクチンは実用まで実に短期間で開発され、当初はもてはやされたものでした。7,8割の人が接種すれば集団免疫ができて新型コロナウィルス感染症は克服できる、と専門家が事あるごとにメディアなどで唱え、接種を奨励されたのを皆さんは覚えているでしょうか?ワクチ

bottom of page